GW(ゴールデンウイーク)期間中の遺品整理やご実家の片付けなどをお考えの方へも多数いらっしゃるかと思います。

「ご自宅の片付けが出来ず困っている!!」「大量に物があるので自分達では片付けができない!!」などなどお困りの方への片付けアドバイスを掲載致します。

遺品整理とは?

現在では遺品整理という言葉を耳にする方も多くいらっしゃるかと思います。文字の通り「亡くなられたご遺族の遺品を整理すること」です。

単純に整理と言ってもすべて不用品として処分することではなく、大切な遺品の「形見分け」や「遺書・お手紙・仏壇・人形」など思入れのある物は、ご供養された後にご処分をする事です。

またご遺族の形見分けをご自身でできない場合や思入れのあるご自宅の遺品を片付けできない場合などプロの遺品整理しにご依頼頂く事も可能かと思います。

遺品整理の期日は設けられていない

急なご遺族のご不幸にて遺品整理が必要になった場合、「いつまでに行うのか?」「どのような手順で行うのか?」などお悩みを持った方もたくさんいらっしゃいます。

遺品の整理自体に期間は設けられておりませんが、食品関係がそのままになっていて放置してしまうと異臭の原因になることもあります。また賃貸のご自宅の場合は、無駄な家賃がかかってします事や、電気代・水道代・ガス代などそのままにしておくと微々たる出費が重なってきます。

また遺書や登記簿、預金通帳、印鑑、必要書類などを早く見つけておく事も重要です。相続税に関する項目も生まれて来る可能性もございますので、できるだけお早めに行うのが良いかと思います。

ポイント1.どのようにして遺品整理を行うか?

「ご親族の方によっては、自分達で片付けをしたい!!」とお考えの方もいらっしゃいます。まずは身内の中でどうして行くのか?を決めていくことが重要です。

お気持ちは人それぞれあります。また考え方もみなさま違って来るかと思います。まずはきちんと話をした上で遺品整理業者に依頼するのかを考えていきましょう。

ポイント2.必要な物がきちんと探し出す。

冒頭でも掲載しておりますが、 遺書や登記簿、預金通帳、印鑑、必要書類など はもちろんの事、貴重品や貴金属・骨董品関係などはご自身できちんと目を通すようにすることをお勧め致します。

またアルバムなどのお写真など、思入れのある物も出て来るかと思います。遺品として残しておきたい物はしっかりと確認をしておく事が重要です。

ポイント3.買取業者に依頼する

まずは高年式の家電関係や家具など、リサイクルできる物は専門業者にて査定を行います。また貴金属や骨董品の取り扱いをしている業者なども含めて依頼しましょう。

最近ではリサイクル品の買取や骨董品の買取、海外貿易品の買取など幅広く買取対応を実施している会社があるかと思います。無料見積り査定を行いすべて処分するのではなく、リサイクルに出していきましょう。

ポイント4.片付け業者を探す

現在遺品整理・片付け業者数も増えているかと思います。口コミやインターネットなどで、調べてもたくさんの業者があります。

まずはホームページなどでしっかり確認を行い、「どこまで作業をしてもらえるのか?」「どのような業者なのか?」などしっかり情報収集をしておくようにしましょう。またお知り合いなどに紹介してもらうのも良いかと思います。

インターネットではたくさんの業者が出てくる為、気になる方は2.3社程度お見積りを取られるのが良いかと思います。

また、遺品整理業者でも買取対応も併用で行っている業者もいらっしゃいます。お電話された際に確認するのも良いかと思います。

ポイント5.きちんとした見積りを取ってもらう

不用品回収業者(片付け業者)とのトラブル事例もございます。
トラブル1.作業終了時に追加料金を提示された。
トラブル2.金額が明確でない
トラブル3.依頼をしたが一向に作業が終了しない!!
トラブル4.お金の支払いをしてその後連絡がとれない。

など悪徳業者と呼ばれる会社もございます。上記1~4のトラブルをなくす為にはきちんとした見積りをしてもらう必要があります。

トラブル1.2.見積書の発行を書面にて提出してもらう事。
書面にて提出してもらう事により、追加費用の提示をされないようにする。また○○万円~●●万円など不透明な金額提示をなくす事ができる。

トラブル3.作業日時をきちんと設定しておく事。
いつから施工でいつ終了か?をきちんと業者に確認しておく事。また作業終了日の現地確認をする事。

トラブル4.作業終了時の確認後に料金のお支払いを行う業者を選ぶ事。
作業前に全額入金や振込などの提案は断るようにしましょう。終了確認後にお支払いを行う業者を選ぶ事も重要です。

※内容によっては手付金が必要な業者もあります。詳しくが見積り者に確認する。

まとめ

遺品整理にお困りの方は是非上記内容をご確認の上、トラブルなく作業の依頼を行ってください。最近では「生前整理」「断捨離」といった言葉も良く耳にするかと思います。

ご親族に迷惑がかからないよう必要最低限の片付けを行っておく事も重要です。また買取の依頼もご本人より依頼される方が、物の価値や購入時期など詳しく分かるかと思います。前もって不用な物の片付けを行うのが良いかと思います。

当社のリサイクル部門では、不用品の片付け・遺品整理・生前整理はもちろんの事、リサイクル品買取や骨董品買取専門の鑑定士もいます。お困りの際は、当社にもお話頂ければ幸いです。

ご希望の方は下記、リサイクルHPにてご確認ください。また引越しでの新物買取も行っております。まずはお電話ください。

引越し不用品回収・買取特設ページ